石井熱錬の設備とスタッフのご紹介

熱処理加工や真空浸炭を行う「石井熱錬」は、専門業者としては、九州で1台しか導入されていない真空浸炭炉を導入し、お客様のニーズに広く深くお応えする金属加工会社です。弊社が有する工場設備と熟練の技を持つスタッフをご紹介します。

設備紹介

金属熱処理ひとすじ36年。蓄積した経験とデータ、品質管理、そして金属熱処理技能士としての責任。私たちは、材料や形状に適した処理条件でお客様のニーズにお応えします。

設備
真空浸炭炉 ピット式浸炭炉
  • 高濃度浸炭
  • 真空浸炭(硬化層深さ1.5mm~3.0mm)
  • SUS浸炭
  • 真空焼鈍
  • 浸炭焼入
  • 調質(焼入・焼戻)
  • 焼準(焼きならし)
  • 焼鈍(焼きなまし)
  • 無酸化焼入
  • 浸炭窒化焼入
オールケース炉 マルチナイト(窒化炉)
  • ガス浸炭焼入
  • 光輝焼入
  • 浸炭窒化焼入
  • ガス浸硫窒化(マルチナイト)
  • ガス軟窒化
  • ガス窒化
真空脱脂洗浄装置 検査機器
研削加工(岩木研磨) 石井式小型焼戻炉
熱処理工場設備
機械設備名 仕様
(EPQ) SMP-910C型 全自動制御装置
有効加熱帯寸法 900φ×1,000l 120kw
処理量 (グロス)700kg
温度 850~950℃ 雰囲気自動制御
有効加熱帯寸法 1,000φ×1,400l
処理量 1,000kg
温度 750~1,000℃ 温度・雰囲気自動制御
焼入油層 寸法 900φ×1,000l
油量 7,200l
温度 Max50~100℃
焼戻し炉(EPT) 寸法 900φ×1,000l 80kw
温度 Max650℃ Nor200~600℃ ±5deg
オールケース型炉(EBQ) EB-10 全自動制御装置
有効加熱帯寸法 幅600×高さ700×奥行1,200
処理量 (グロス)600kg
温度 850~950℃ 温度・雰囲気自動制御
冷却油量 7,200l
焼戻し炉(全自動)(EBT)
真空脱脂洗浄装置 寸法 幅600×高さ700×奥行1,200
マルチナイト装置
(浸硫窒化炉)(ESPN)
有効加熱帯寸法 600φ×1,200l
処理量 (グロス)500kg
温度 450~600℃
有効加熱帯寸法 900φ×1,500l
処理量 1,000kg
温度 450~600℃
真空浸炭炉 有効加熱帯寸法 幅660×高さ600×奥行1,220
処理量 600kg
温度 600~1,100℃
測定器具
機械設備名 台数 メーカー
マイクロ・ビッカーズ硬度型 1 明石製作所 他
ブリネル硬度計 1 東京衝機製作所
ロックウェル硬度計 3 明石製作所 他
ショアー硬度型C型 1 仲井精機
ショアー硬度型D型 2 仲井精機 他
金属顕微鏡 2 オリンパス光学
ロックウェルスーパーフィシャル硬度計 1 今井精機

動画紹介

  • お問い合わせ
  • 真空浸炭/高濃度浸炭
お問い合わせ

TOP